iPodを使ってみた感想

ipodは携帯型音楽プレーヤーとして、使い勝手が良いプレーヤーだと思いますが、私が使っているうちに、少し気になった点がありますのでお教えしますね。

1.液晶画面について
 ipodの液晶画面に傷がついてしまうことがありました。
 ポータブルミュージックプレーヤーですから、当然皆様も家に置きっぱなしではなく、持ち運びしていると思います。
 ipodの液晶画面も持ち運びの事を考慮して、ある程度の強度があるのものが使われているようです。
 しかし、カバンやズボンのポケットに入れて常に持ち歩いていると、いつの間にか液晶画面に傷がついてしまいました。
 こうなると、その傷を綺麗にするためには、研磨剤などで丁寧に磨くという方法しかないかと思います。
 ところが、これがやってみると結構難しくて、ある程度器用でないと、綺麗にするのは難しいと思います。
 最初から保護フィルムやケースを使用すればよかったと後悔しています。

2.バッテリーの持続性について
 長いことipodを使用していたところ、バッテリーを満タンにしたはずが、すぐに充電が切れてしまうということが起こるようになりました。
 原因をいろいろ調べたところ、リチウムイオン方式の充電電池を使用しているため、「満タン」状態や「空」の状態が長く続くと、充電電池が劣化し、充電ができなくなってしまうという事があることが分かりました。
 また、充電を何度も繰り返していると、充電残量を管理する内臓マイコンが狂ってしまうことから、直ぐにバッテリー切れが起きる可能性があるということがわかりました。
 対応方法としては、「一度満タンに充電してから、充電がなくなるまでipodを連続して再生する」という行為を何度か繰り返すと良いそうです。
 私も試してみましたが、ある程度症状が良くなりましたよ。

私としては、この2点以外は、ipodはとてもよい製品だと思います。
ちょっとした対応をするだけで対策できますので、新らしく購入した場合はお気をつけください。
タグ:ipod
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。